8共感者になることの主な欠点 - ニューエイジと形而上学

8共感者になることの主な欠点



{h1}
エディターズチョイス
コンピューターを使用して魔法の印章を作成する方法
コンピューターを使用して魔法の印章を作成する方法
著者に連絡する 1.自己喪失 共感者になるのが一番難しいのは、自分が誰なのかを知らないことだと思います。 他のすべての人の考え、感情、そして時には身体的な痛みさえもあなた自身のように感じるとき、本当にあなたが何であり、他の誰かが何であるかを知ることは不可能です。 突然落ち込んでしまうかもしれません。 私の心は、気持ちに合ったストーリーを作り上げることで「助け」、うつ病の理由を示します。 しかし、私が感じているのは、実際には私の隣人のうつ病かもしれません。 スパゲッティのプレートを見ているようなものです。 私はスパゲッティの鎖の1つが私であることを知っていますが、どの1つかはわかりません。 2.オフにすることはできません 共感を感じるときとそうでないときを選択することはできません。 他の人の考えや感情は、たとえあなたの睡眠中であっても、あなたの人生に常に侵入します。 あなたはそれをブロックすることができますが、これは絶え間ない努力を必要とし、あなたは疲れを感じさせます。 偶然ランダムな人々、あなたが決して知りたくないことについての事を知らないでしょう。 群衆の中にいる場合、あなたはあなたが感じるさまざまな思考や感情のすべてに圧倒されるでしょう。 #3-6につながるカスケード効果があります。 3.絶え間ない圧倒または過刺激 絶え間ない疲労は、周囲の感覚に過度に刺激され圧倒されるという絶え