外科手術を受けるべきではない時期についての占星術のコンサルティング - 占星術

外科手術を受けるべきではない時期についての占星術のコンサルティング



{h1}
エディターズチョイス
死者と生き物とのコミュニケーション
死者と生き物とのコミュニケーション
著者に連絡する 「星や惑星の動きの恩恵を受けずに医学を実践する彼は愚か者です」。 -ヒポクラテス 「医学の創始者」として知られるヒポクラテスは、彼の時代の最も偉大な医師とみなされていました。 (紀元前460年) 彼は、病気の症状の重症度には個人差があり、一部の人は他の人よりも自分の病気や病気にうまく対処できると指摘しました。 「体の一部が月が伝達している記号によって支配されている鉄で触れないでください」-ヒポクラテス 彼の観察によれば、その時点で月が通過している占星術の徴候によって支配されている身体のいかなる部分にもナイフ(鉄)で外科的処置を行うべきではない。 たとえば、月がおうし座(首と喉の定規)にある場合、扁桃摘出術を行うべきではありません。 月が山羊座(歯)または牡羊座(頭)にある場合、歯科処置または頭に関連する手術は避けてください。 月がさそり座(反射性器官)を通過していた場合、子宮摘出術または前立腺手術を受けてはなりません。 ヒポクラテスによれば、これは一般的な手術が致命的である理由を説明するでしょう。 または、少なくとも異常に遅い治癒や痛みを伴う回復を引き起こし、感染症などの合併症を引き起こします。 なぜ月なの? 月には、地球上のすべての海と水域の潮流を動かす力があります。 月はまた、カキの開閉のタイミングと月間の女性の月経周期を制御します(月は地球を周回するのに約28日