コミュニケーションの媒体としての振り子 - 占いと占い

コミュニケーションの媒体としての振り子



{h1}
エディターズチョイス
魔術と引き寄せの法則
魔術と引き寄せの法則
著者に連絡する 超常的で神秘的な体験に関する膨大な作業を通して、私は確立された思考の領域を超えて到達することが可能であることに気づきました。 実際、私はかなり早い年齢で振り子通信の可能性を探り、ウイジャ盤、占星術、その他の形式の占いや通信などの媒体に魅了されました。 これがどこから来たのか、どのようにすればより明確な経路を確立できるのかを真剣に検討するに値する多くの不正確さの中に、真実の核が十分にあったことは私には明らかでした。 ほぼ最初に、振り子の使用を拡大して、直径約10インチの円の周りに等間隔で描かれた「A」から「Z」までの文字を中心に放射するアルファベットのすべての文字を含めました。 「A」は円の上部または0度の点に描かれ、「I」は90º、「P」は180º、「X」は270ºにあり、円上に2つのスペースが残ります。文字「Y」および「Z」。 数字用のスペースはありませんが、数字用の「Z」と「A」の間に十分なスペースが残っているため、これはオプションです。 中心から各文字まで半径線が描かれているため、視覚的に動きを追跡できます。 各半径には、円周と半径線の2インチポイントに同じ文字があります。 私が使用する振り子は、細いひもに取り付けられたシンプルな金属製のキーで、端と結び目があり、親指と隣接する2本の指の間をつかむのを容易にします。 文字列の長さは2〜3インチである必要があります