光の明るい白玉 - UFOとエイリアン

光の明るい白玉



{h1}
エディターズチョイス
タロット記号を使用する理由
タロット記号を使用する理由
著者に連絡する バックストーリー 2006年に両親と兄弟とハイキングとキャンプ旅行に行きました。 私は、自分が特定できない何かを目撃し、誰も私が見たとは信じていなかったこと、そしてそれが地球や他の惑星の生命観を変えることを目撃することをほとんど知りませんでした。 暑くて湿度の高い日で、2つの昔ながらの(重い)フレームパックと、兄弟のよりモダンな(軽い)フレームレスパックを梱包した後、ミネソタ州スペリオル湖のノースショアに向かいました。 トレイルの先頭に一晩駐車することは許可されていなかったため、州立公園までさらに数マイルドライブし、そこからトレイルまで歩いていく必要がありました。 トレイル自体はきれいでしたが、長くて困難でした。 最終的にキャンプを作り、楽しむことができるようになるまで、何時間も何マイルも経ちました。 私たちはミネソタ州北部の野生の森林地帯に深く入り込んでしまいました。 一番近い道路は何マイルも離れていて、私たちはとても孤独でした。 街の明かりが邪魔にならずに星を実際に見ることができる場所であり、ツキノワグマとムースは人間が存在しないかのようにそこに住んでいます。 唯一の音は自然のものです。 暗くなってきたので、私たちは火をつけ、食べ、休憩することにしました。 私の両親は私たちのものから約15フィート離れたテントを共有していました。 暑くて湿度の高い日は暑くて湿度の高