悪魔の訪問またはエイリアン誘DUCTION? 私の現実の異世界の出会い - 超常現象

悪魔の訪問またはエイリアン誘duction? 私の現実の異世界の出会い



{h1}
エディターズチョイス
超常現象調査者が知ってほしい10のこと
超常現象調査者が知ってほしい10のこと
著者に連絡する この異世界の出会いの物語が私の想像から厳密に生じた場合、悪魔的な要素のための幽霊の中世の英国の修道院、またはその地球外の要素のための遠く離れたアメリカの大草原の町のいずれかに設定する方が良いでしょう。 しかし、話は本物なので、場所もそうです。オレンジという名前の南カリフォルニアの都市です。 この郊外のスライスは、かつて手入れの行き届いたオレンジの木立で構成されていました。 1988年までに、その面積はコンクリートやアスファルトの表面に変わり、道路、ストリップモール、駐車場が発芽しました。 このエリアに点在するコンドミニアムの典型的な例であるように、鉱山は効率的なランドリールーム/レックセンターの隣にさわやかなスイミングプールを誇っていました。 緑の生垣が、スタッコの壁と合成の鉄片屋根でできた30か所ほどの1階建ての構造物を通るコンクリートの道を飾りました。 複合体は1つの点を除いて目立たなかった。 1年前にここで最初の家を購入しました。 ミッドナイトミーティング 私の寝室では、十分な時間をかけて書けないほど多くのコンピューターマニュアルを持っていることに悩まされて、よく眠りました。 まだ20代後半で、私は自分のキャリアを前進させ、私の家に支払う給与の増加を稼ぐことに集中していました。 真夜中かそこらだったに違いありません。 私はかろうじて目を開けて、目の上の回転する天