共感能力を使って他人を助ける方法 - ニューエイジと形而上学

共感能力を使って他人を助ける方法



{h1}
エディターズチョイス
スキンウォーカー牧場で奇妙なことが起こっています
スキンウォーカー牧場で奇妙なことが起こっています
著者に連絡する 共感者になると、あなたは完全に圧倒され、隠者のように生きることができます。 または、それはあなたを素晴らしいカウンセラーにすることができます-あなたの共感能力により、より深いレベルで人々に到達することができます。 自分自身を管理することを学べば、共感的な特性を使って他の人を助けることができます。 この記事では、共感者が能力を(時には負担のように感じることもあるが)人々の生活を変えるのに役立つ資産に変える方法について説明します。 他者のプライバシーと機密性を保護する 共感者として、私たちは人々に関する個人情報を常に知っています。 私たちは物事を見るだけです。私たちはそれを助けることはできません。 多くの場合、それは私たちが見ることを意図していないものです。 私たちは、個人のプライバシーを尊重し、私たちが知っていることを秘密にしておく責任があります。 その人と会話をする場合、その情報も機密にしておくことが重要です。 共感者として、私たちは危害を加えないように非常に敏感で注意を払っていますが、知っていることを共有することで意図せず他人に危害を加えることができます。 また、誰かに気づいていなくて対処する準備ができていないものを見る可能性があることを認識することも重要です。 現時点で処理できる範囲を超えてプッシュしないように注意する必要があります。 これは、友人、家族、知人など